妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊婦さんの風邪で飲んでいい漢方薬・注意したい漢方薬は?

 

通常薬より安全が印象のある「漢方薬」。

 

妊婦さんに処方されることもありますが、漢方薬でも妊婦さんが飲んでいい漢方薬と注意したい漢方薬があります。

 

そこで、妊婦さんでも飲める漢方薬や、注意したい漢方薬について紹介していきます。

 

 

妊婦さんが注意したい漢方薬の特徴としては、

 

・麻黄が入っている漢方薬
・大黄が入っている漢方薬
・血の巡りを促進する漢方薬

 

上記の成分・特徴が入っている漢方薬は飲まない方がいいです。

 

 

実は、妊婦さんによく使われている葛根湯。

 

葛根湯には、「麻黄」が入っています。

 

麻黄は、汗を出すことで風邪への効果が期待できるものなんですが、妊娠中は、発汗を促す薬はいけないとされています。

 

でも、葛根湯は病院でも処方されることもあるので、飲んではダメというわけではないですが、長期間の服用はしないほうがよいとされています。

 

 

●風邪のこんな症状にはこの漢方薬!

 

「桂枝湯(けいしとう)」
頭が少しいたい、喉が少し痛い、ちょっと熱っぽい、という「風邪かも」という症状のとき。

 

「桂枝加厚朴杏仁湯(けいしかこうぼくきょうにんとう)」
咳が出る方、また喘息がある方に。

 

「桔梗湯(ききょうとう)」
喉が痛いときに、この漢方薬でうがいをしたり、また服用する。

 

「香蘇散(こうそさん)」
気分が悪いときに。
つわりでの気分の悪さと判断しずらい場合でも飲めます。
風邪の初期に使われることが多いようです。

 

「参蘇飲(じんそいん)」
腹痛や、胃腸炎、また咳・鼻水が出るという場合に。
体力もアップしてくれる効果も期待できますので、治りにくい風邪にもよいとされています。

 

※注意
 上記の漢方薬を飲む場合は、自己判断で飲まないで下さい。
 かならず医師の診断・許可を得てから飲んでください。

 

 

漢方薬ならどれでも妊婦さんが飲めるというわけではないので、自己判断で漢方薬を使うのは止めましょう。

 

ご自身と赤ちゃんの安全のため、必ず医師に相談してから飲むようにしてくださいね。

 

 

 

妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓