妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

初妊婦さんは夏風邪にも注意!原因や対処法・予防方法とは?

 

 

初めての妊婦さんに注意してほしいことの1つに「夏風邪」があります。

 

妊婦さんは風邪薬などを好き勝手に飲むことができないので対処法にも気を遣いますよね。

 

ですのでここでは、夏風邪の原因、そして正しい対処法や、夏風邪にならないための予防方法も紹介します。

 

 

 

 

●妊婦さんの夏風邪の原因は?

 

妊婦さんが風邪をひきやすい原因は「免疫力が低下している」という点です。

 

特に「細胞性免疫」が低下することで、病気の原因菌をやっつける力が弱くなるので、風邪、インフルエンザなどになりやすくなってしまうのです。

 

細胞性免疫の低下は、さらに病気が悪化しやすいという特徴もあります。

 

妊婦さんの風邪が長引いたりすることがあるのは、そのためなんですね。

 

 

 

●妊婦さんの夏風邪への対処方法!

 

対処方法としては、まずは病院にいってしっかり診察を受けることです。

 

自力で治したいという方もいらっしゃると思いますが、自己判断は危険です。

 

医師の指示に従って、まずは夏風邪に対処しましょう!

 

 

病院にいってからは、自分でできる対処をすることです。

 

体をしっかり休めること。
リラックスできる姿勢になり、昼寝をするのもいいでしょう。

 

家事なども無理をせず、ご家族に手伝ってもらいましょう。

 

また、夏の暑さによるエアコンの温度にも注意が必要です。
体が冷えないように注意して温度設定しましょう!

 

 

 

●妊婦さんの夏風邪予防!

 

夏風邪というより、風邪全般にいえる基本的なことですが「うがい」「手洗い」ですね。

 

この基本的なこをとおろそかにしている人は意外に多いです。
注意しましょう。

 

 

また、妊婦さんは食事、飲み物にも注意が必要です。

 

食べ物はウイルスを退治してくれるような免疫力の低下を防いでくれるような食べ物「海藻類・きのこ類・にんにく・じゃがいも・ブロッコリー」などがおすすめです。

 

ブロッコリーには葉酸もたっぷり入っていますのでいいですね。

 

飲み物は、暑いからといって冷たいものは控えるのがいいです。
常温のものかホットにするといいでしょう。

 

夏だからこそ体を冷やさないように注意してくださいね。

 

 

 

 

初めての妊娠で風邪になると、お腹の赤ちゃんへの影響も心配になるかと思いますが、医師にしっかり相談して対処していきましょう。

 

また、あまり神経質に考えずリラックスすることも大切。
治そうとあせってもストレスが溜まるだけです。

 

医師の指示のもと、正しい夏風邪への対処をしていきましょうね。

 

 

妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓