妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊婦さんが飲める市販の風邪薬と注意点とは?

 

 

妊婦さんは風邪を引きやすいので、状況によっては市販の風邪薬を使いたいという場合もあるかと思います。

 

もちろん、自己判断で市販の風邪薬を飲んではいけません。

 

産婦人科を受診して薬を貰うのがベストですが、それができない状況なら電話で聞くなどして、飲んでもよいのか必ず確認しましょう。

 

 

市販の風邪薬で飲んでも安全かどうかは「成分」に注目することです。

 

妊婦さんの体やお腹の赤ちゃんに影響のない成分が使われているものならば問題ありません。

 

 

●妊婦さんが飲んでも安全な風邪薬

 

 

【カロナール】
成分名「アセトアミノフェン」。
解熱鎮痛剤で、病院でも処方されたり、市販でも販売されています。

 

 

【葛根湯などの漢方薬】
葛根湯は風邪のひき始めに効果がある漢方薬として有名ですね。
産婦人科でも処方されることがあります。

 

漢方薬は比較的安全とされていますが、薬ですので、やはり自己判断で飲まず、医師に相談してから飲むようにしましょう。

 

 

【トローチ】
喉を消毒するドーナツ型のものです。
喉の痛みがある場合に処方されます。

 

 

【アズノールのうがい薬】
一般名は「アズレンスルホン酸ナトリウム水和物」
妊婦さんにも処方されるうがい薬です。

 

■妊婦さんが飲むと危険な風邪薬

 

市販の風邪薬によく使われている成分の「抗ヒスタミン」「鎮咳薬」は、たくさん体内に取り入れると赤ちゃんへの影響を及ぼす危険があります。

 

また、頭痛薬・解熱鎮痛薬などの市販薬に含まれている「イブプロフェン」は、妊娠32週以降の胎児の心臓の血管へ良くない影響を及ぼすことがあります。

 

 

上記に妊婦さんが飲んでも安全な風邪薬を紹介しました。

 

ただ、かならず医師に相談してから飲むようにしてください。

 

妊婦さんは妊娠の初期・中期・後期と注意する薬が変化していくデリケートな体です。

 

絶対に自己判断をせず、できるだけ産婦人科を受診して医師の指示のもと薬をもらい、飲むようにしてくださいね。

 

 

妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓