妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付きです!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓

妊婦さんが市販の風邪薬を飲んでいい時期と妊娠週数による注意点

 

 

妊婦さんが風邪を引いてしまったとき、市販の薬で対処したいという場合もあるでしょう。

 

もちろん、産婦人科を受診して薬を貰うのがベストですし、市販の風邪薬を使う場合でも医師の許可を得てから飲むことが重要です。

 

 

ただ、妊娠週数により、風邪薬を飲める時期、危険な時期などを知っておくことは大切だと思いますので、下記をご覧下さい。

 

 

●妊娠週数による風邪薬の使用と危険な時期

 

【妊娠 0〜3週目の風邪薬の使用は?】
この時期は、風邪薬を飲んでも問題ありません。

 

まだ妊娠しているか分らない時期でもあるので、妊娠を知らず風邪薬を飲んでしまう方もいらっしゃるかと思いますが、大丈夫な時期と言われています。

 

 

【妊娠 4〜7週目の風邪薬の使用は?】
赤ちゃんの心臓や手足などが形成される重要な時期です。
風邪薬に限らず、薬は赤ちゃんへの影響が出る危険性があります。

 

 

【妊娠 8〜15週目の風邪薬の使用は?】
赤ちゃんの体のほとんどが形作られている時期なので、風邪薬を飲んでも影響する可能性は低いとですが、やはり危険性がないわけでなはいので注意が必要です。

 

 

【妊娠 16週目以降の風邪薬の使用は?】
安定期で赤ちゃんも安定しています。
風邪薬を飲むことはできますが、医師の指示のもと飲むことができます。

 

 

どんな時期でも、妊婦さんはデリケートな体です。

 

大切な赤ちゃんのこともありますので、風邪薬はできるだけ産婦人科を受診して医師の診断のもと貰ってのむようにしましょう。

 

市販の風邪薬を使う場合は、電話などで医師に相談して許可を得てからにしましょうね。

 

 

妊婦さんの便秘、赤ちゃんのためにも薬を使わず自然に出したい!
腸内環境は免疫力にも影響しています!
日本一売れている!自信があるから返金保証付き!
↓↓詳細は下記の画像をクリック↓↓